矢野産婦人科

一般不妊治療General infertility treatment

タイミング指導

最も妊娠しやすい日(排卵日)をお知らせし、その排卵日の前日(前後)に性交渉を行う方法です。

排卵誘発法

クロミッド療法

排卵が起こりにくい方に、クロミッドという飲み薬の処方によって、排卵を起こすように働きかける方法です。

HMG療法

クロミッドで排卵が起こらない場合、HMG(卵胞刺激ホルモン)を筋肉注射し、卵巣にある卵胞を直接刺激して発育を促します。体外受精などの際に多数の卵胞を意図的に発育させるためにも用いられます。
しかし、卵巣過剰刺激症候群などの副作用が起こる場合があるため充分注意して行っています。

人工授精

卵管は通っていて、タイミング指導を受けているのになかなか妊娠されない方、軽い精子減少症の方に有効です。
検査によって排卵日を探し、最も妊娠しやすい日に行います。ご主人の精子を採取し、動きの良い精子だけを集めて、奥さまの子宮に精子を注入する方法です。
性行為の延長と考えてよく、人工という言葉にとらわれる必要はないと思います。