矢野産婦人科

婦人科

妊娠診断、月経不順、異常出血、腰痛・腹痛、子宮ガン検診、かゆみ・おりものの異常、できもの、更年期障害、避妊相談(ピル)、STD(性行為感染症)など不安に思われることがありましたらご来院ください。
女性医師による診療を希望される場合は、担当医を確認の上ご来院ください。(担当医は変更することがありますのでお電話でご確認ください。)
婦人科外来は予約制ではございません。診察時間内にお越し下さい。

妊娠診断Pregnancy Diagnosis

妊娠診断

検査方法

検査は検尿もしくは超音波検査により行います。

検査時期

月経開始予定日の数日後から可能です。
予約は、妊娠届けが出てからになりますので、婦人科外来の診療時間内におこしください。

子宮がん検診Pap smear

子宮がん検診

近年、子宮がんにかかる女性が増えています。不正出血や褐色のおりもの、下腹部の痛みなどはその初期症状です。※予約制ではございません、婦人科外来の診療時間内におこしください。

検診種類と費用

子宮頸がん検診

子宮頸がん検診とは子宮頚部のがんをみつけるための検査で、子宮の入り口の細胞を柔らかいブラシでこすって採取し、液状容器で保存します。この作業は1~2分で終わります。(液状処理細胞診法)

子宮体がんの検診(子宮内膜細胞診)

子宮体がんは子宮頸がん検診では見つけることができません。不正出血や褐色のおりもの、下腹部の痛みなどが初期症状です。
子宮内腔の細胞をブラシでこすり取る検査ですので、少し痛みや出血を伴います。ただし、子宮体がんのできる範囲は広いため、検査で必ずしも見つかるとは限りません。検査をご希望の方は医師にご相談ください。

女性のカラダの不調Gynopathy

女性のカラダの不調

更年期障害

閉経の前後のエストロゲンの欠乏と、加齢による心身の異常によって起こる障害です。
ほてり、発汗、動悸、頭痛などの血管運動神経障害には、ホルモン補充療法が効果的です。不安、イライラ、抑うつ感がある、不眠などの症状が強い場合にもホルモン補充療法が効果的ですが、場合によっては抗うつ剤や睡眠剤を併用する場合や、漢方療法を用いることもあります。体質にあわせて治療薬を一緒に決めて行きましょう。

かゆみ・おりもの異常

かゆみの異常
外陰部にかゆみをおこす婦人科疾患には、カンジダ症、トリコモナス症などの感染性炎症があります。
その他、下着や生理用品などのかぶれなどの場合があります。
おりものの異常
おりものに色がつく、臭いがある、量がいつもより多いなどは、病気の場合があります。
原因としてクラミジアや淋菌などによる子宮頚管炎、トリコモナスやカンジダによる膣炎があります。
褐色のおりものは、血液が混じたもので異常出血(不正性器出血)の場合があります。

避妊相談(ピル)Contraception consultation

避妊相談(ピル)

緊急避妊法

緊急避妊法とは、セックスの後に妊娠を回避する方法です。 例えば、「コンドームが破れた時、はずれた時」、「避妊をしなかった時」などの場合に行ないます。
当院では薬剤を服用する方法(緊急避妊ピル)を行なっています。72時間以内であれば効果が期待できます。※診療時間外の場合はお電話でご相談下さい。

妊娠中絶

パートナーとよく話し合い、「中絶」という結論が出ましたら、早めに手術を受ける方が身体の負担を重くしないで済みます。中絶の時期は妊娠22週未満と定められていますが、月経予定日なのに月経が来なかった時期から数えて1ヶ月前後(妊娠6~9週)の手術が望ましいです。