矢野産婦人科

新型培養器
(タイムラプスモニタリングシステム)Time-lapse monitoring system

新型培養器(タイムラプスモニタリングシステム)とは

新型培養器(タイムラプスモニタリングシステム)は、受精卵の成長過程をコマ撮りし、画像を動画として観察できる最新型の培養器です。

  • *

培養器は体外受精において体外に取り出した卵を育てるための保育器のようなもので、温度や二酸化炭素、酸素濃度を体内環境と同じように設定・管理しています。
従来の培養器では、受精卵の観察は培養器から一旦取り出してから顕微鏡下で行いますが、新型培養器(タイムラプスモニタリングシステム)では、培養器から取り出すことなく観察するため移植や凍結まで一定の環境の中で発育を見守ることができ、受精卵にかかるストレスが軽減されます。

動画からは発育の詳細な様子や発育スピードなど、これまで得られなかった情報が得られます。
受精卵が複数ある場合など、最も良好なものを選択して移植することができます。

  • *